読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷口にユーゲル

主にアニメとか漫画とか仕事のこと

増大する視聴アニメ本数と衰える記憶力との戦い

最近とみに記憶力の衰えを感じる。

昔は漫画のキャラや台詞など、どうでもいいことをしっかり覚えていて、たまに『漫画の好きな台詞を挙げていくスレ』みたいなものを読んでも、「微妙に表現間違ってるな」とか思っていたものだ。だが断る!」じゃなくて「だが断る」だろうが、とか。

で、今だとなかなかそういう突っ込みが出てこない。むしろ自分の方が、「あの台詞こんな感じだっけ……あ、違った」みたいな状態である。
台詞だけならまだしも、キャラの名前が出てこなくなると結構困る。その場にいないキャラの話をされても、誰だったっけ? となって集中できない。

これが漫画なら読み返せばなんとかなるが、アニメの場合はさらに事態は深刻である。私の現在の視聴スタイル的に、『1日で1週間分のアニメをまとめて観る』という状況なので、その1日に降りかかる脳の記憶野への負担は甚大だ。しかも簡単に見返すこともできない。そんな中で、視聴本数だけは順調に伸びていっている。

そもそも今の時代、マシンガンのように供給され続けるアニメのキャラクターや設定や脚本を、しっかり噛み砕いて消化していくということ自体が難しいのかもしれない。
しかし、やはり数少ない趣味であるからには、ある程度の打開策を講じていきたいものである。

というわけで、アニメ視聴の上で、いくらか記憶力の衰えをカバーできそうな方法を考えてみた。
いささか悪あがきっぽいが、ネギま!の女子生徒を全員覚えられた時代とは違うのだ。工夫で補うべきである。






●キャラを声優で覚える

映画の登場人物を俳優で呼ぶように、『○○が声を当ててるキャラが△△した』みたいな認識をする方法。
映画と違って俳優の顔が見えるわけではないので、ダメ絶対音感』のスキルが必須である。
と同時に、そもそも声優の声と名前を知っておかなくてはならない。

音感の方はそこそこ大丈夫だと思うが、雨後の竹の子のごとく新人声優が投入されてくる昨今、つらい戦略になってしまっている。正直、私は最近の声優に詳しくない。小倉唯石原夏織の区別が怪しいレベルである。

もう少し中堅に寄ってくるとわかってくるので、「血界戦線」とか、「うたの☆プリンスさまっ♪」とかには結構有効だった。

しかし新人をメインにして中堅~ベテランを脇役に持ってくるよくある配置だと、なかなか難しいものがある。



●セットで覚える

受験勉強の基本。「right」という単語を覚えたら、「left」という単語を覚える。
この2つセットで覚えるというのはかなり有効で、漫画アニメの分野でも、

・スタンドとスタンド使い
モビルスーツとパイロット
・指輪の騎士と獣の従者
・本の持ち主と魔物の子供
・ヒーローと企業広告

といったように、組み合わせで覚えていていけそうなものがだいぶある。
覚える量は2倍になっているのだが、セットにすることで、作中でのエピソードを絡めて記憶を引き出しやすくできるのだ。

で、どうやって組み合わせるかが問題である。
作中人物がみんなコンビを組んでいたり、特殊な武器、能力などを所持しているなら、それらがセットにできる。
そう考えると、今期アニメでは「ブブキ・ブランキ」あたりに使えそうだ。まだ2話までしか観てないから、先々では通用しなくなるかもしれないけど。

ただこの方法は、うまい具合に組み合わせが見つからないと機能しない。単純に、CVとセットにするという手もあるが、上述の理由で難易度高めである。
幸い、「灰と幻想のグリムガル」は職業との組み合わせで、「少女たちは荒野を目指す」は担当役職との組み合わせで対応できそうである。

しかしそれ以外だとちょっと思い付かない。「最弱無敗の神装機竜」なんかになると、ヒロインが炎使いだったような、CV:ゆかなだったような、余計な記憶が邪魔をして、うまくセットが作れないのだ。

まあとりあえず、ひとつの方法として有用だと思う。



● 感想サイト等で復習

これも有用である。
アニメ単体の場合は、基本的に音で固有名詞を判断するが、文字に起こされることで、脳の別の場所を使って覚えることができる。変わった名前などは、そういう漢字を当てるんだーとか考えながら覚えることも。

ただ、あんまり読み込んでいると時間を取られすぎることもある。



●記憶など投げ捨てていく

記憶力など大して必要としないアニメを観る。まさに抜本的解決である。
具体的には、「だがしかし」など、出演キャラの人数が極端に少ないもの、「霊剣山」など、そもそも視聴者の思考力を奪いにくるようなものなどだ。

そのような基準で観るアニメを決めるのは本末転倒だという点に目をつぶれば、完璧な方法である。




こんなところだろうか。
今期気に入っているアクティヴレイドが、専門用語等含めて結構強敵そうなので、がんばってみたい。



『アクティヴレイド-機動強襲室第八係-』 ディレクターズカット版 Blu-ray Vol.1 BOX付き初回仕様版(ドラマCD付き/イベントチケット優先申込み付き)(各巻4話収録/第1期全3巻)