読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷口にユーゲル

主にアニメとか漫画とか仕事のことをつらつらと

カクヨムのファーストインプレッション

感想 ネット

KADOKAWAはてなの共同開発という鳴り物入りで発表された小説投稿サイト、『カクヨム』が、2/29に正式オープンした。

kakuyomu.jp


ラノベ業界のラスボスがweb小説の取り込みに本格的に乗り出したということで、前々から注目度の高かったサイトである。
さっそく登録してちょっと使ってみたので、感想を述べたい。



●サイト全般について

さすがに大手だけあって、レイアウトはそこそこスタイリッシュ。しかし、まだオープンから日が経っておらず、ランキングも未実装なので、ランダムピックアップのタイトルを眺めるか、検索を使うかがメインになるだろう。

独特なのは、作品にキャッチコピーが設定できるという点である。ランダムピックアップを例に取ると、

キャッチコピー
タイトル/作者
ジャンル・話数

といった表記の仕方になる。

キャッチコピーのフォントが大きく、カラーの設定ができるため、最初はこちらをタイトルだと勘違いしてしまうかもしれない。



●検索について

読みたい本を探すのには必須の機能だが、現時点ではやや不便。

まず、検索のヒット数がいくらかわからず、検索結果ページを移動するにも、ページ番号のリンクがないため、『次へ』を連打しなければならない。

また、現時点では並べ替えができず、どうやら自動的に更新時刻が新しい順に並べられるようである。


検索結果ページでもキャッチコピーは健在だが、タイトルの右隣に並べられるような形なため、こちらは見やすい。
だが、なぜか読者のレビューが同じ欄に並べて表示される。キャッチコピーと同じフォントサイズなので、肝心のキャッチコピーの方が目立ちにくくなっている感じである。
そもそもレビューは作者とは関係ないはずなので、ここまで大きい扱いはしなくてもいいだろう。


さらに、ここでは検索ワードに関連するタグも一覧表示される。
しかし、タグは作者が好きにつけているので、表記のバリエーションが凄まじい。

例えば、『ファンタジー』という単語で検索すると表示されるタグが以下である。


・ファンタジー
・和ファンタジー
・ファンタジー系
・非ファンタジー
・廃ファンタジー
・微ファンタジー
・ファンタジー?
・純ファンタジー
・少年ファンタジー
・ローファンタジー
・以下略


表記揺れが大きすぎるため、個々のタグが検索の役に立っているとは思いがたい。『恋愛ファンタジー』と『ファンタジー恋愛』が両方登録されている時点で、利用者のリテラシー能力が試されている気がする。


なお、検索する際は、小説のタイトルかタグが全文一致したものが引っかかる。
例えば、「剣と魔法の物語」というタイトルで、『恋愛ファンタジー』というタグで登録された作品があるとする。
『魔法』『ファンタジー』という単語で検索した場合、残念ながらこの作品は引っかからない。あくまでも、『魔法』『恋愛ファンタジー』という単語で、タグを全文一致させる必要があるのだ。


もっとも、小説作成の際に、まず当てはまるジャンルとして、ファンタジー、SF、ホラーなど、ごく基本的なタグを設定するよう指示されるため、このような事態になることは少ないだろう。



●二次創作について

カクヨムの目玉として、KADOKAWAの作品の一部が、公式に二次創作が認められているということが挙げられる。


二次創作一覧 - カクヨム


すでに「石膏ボーイズ」に3作集まっているのが驚愕である(3/2現在)。犬ハサはゼロなのに。

ともあれ、おもしろい試みだと思うので、盛り上がって欲しい。


関連

www.itmedia.co.jp

www.itmedia.co.jp



●その他

本文のフォントは明朝体で、なにげにこだわりを感じさせる。
ルビ、三点リーダー、ダッシュ等の表記も問題なさそう。

オープンしたばかりで不満も多く聞こえてくるが、改善対応は速く、そのうち良くなっていくだろう。
サイトが始まって2日目で、すでに数ヶ所直されている。

小説の一覧ページなどで紹介文を表示するようにしました - カクヨムブログ


カクヨムのSEはちゃんと眠れているのだろうか。
くれぐれもご自愛いただきたい。



小説家の作り方 (メディアワークス文庫)