読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷口にユーゲル

主にアニメとか漫画とか仕事のこと

【ハースストーン】『旧神のささやき』新カード感想2

【ハースストーン】『旧神のささやき』新カード感想 - 傷口にユーゲル


この記事で新カードをレビューしたが、いつの間にか公開カードが増えていたので、レビューを追加したい。


Whispers of the Old Gods(旧神のささやき) 情報まとめ - WOTOG


情報元は変わらずこちらである。






古代の盾持ち
7/6/6
雄叫び: 自分のクトゥーンの攻撃力が10以上ある場合、装甲を+10獲得する。
(ウォリアー専用)

評価★★★☆☆
クトゥーンの居場所を問わないなら★★★★★
クトゥーンサポートは大量に出るようなので、攻撃力10程度は余裕で満たせそうである。
総じてブラン・ブロンズビアードの需要が増えそうな拡張パックだ。

追記:クトゥーンの居場所を問わないので簡単に装甲が得られる。クトゥーンが出るまで耐えるのに役立つ強力なカード。


クトゥーンに選ばれしもの
4/4/2
聖なる盾, 雄叫び:自分のクトゥーンに+2/+2を付与する(居場所は問わない)。

評価★★★★★
ギリギリ許されないレベルで強い。スカーレット・クルセイダーの3/3/1と比べて、防御が2あるのは非常に大きく、敵のX/4を倒してヒロパに耐えることができる。
これでクトゥーンサポート付きなのはさすがにオーバーパワー。クトゥーン抜きでもデッキに入る可能性がある。



禁じられし創造
0マナ
マナを全て消費する。消費したマナに等しいコストのランダムなミニオンを1体召喚する。(プリースト専用)

評価★★★★★
序盤やることがなくなりがちなプリーストにちょうどフィットするカード。いつ使ってもいいが、終盤は8マナ溜まっているときに使うと強いカードが出やすそうだ。



禁じられし炎
0マナ
マナを全て消費する。ミニオン1体に、消費したマナに等しいダメージを与える。(メイジ専用)

評価★☆☆☆☆
小回りが利きそうで利かない火力。顔面に当てられないのはかなりマイナスだし、撃った後に何もできないのはつらい。不安定なグールのようなカード(グールはスタン落ちだが)を処理する時は、歯痒い思いをすることになるだろう。



禁じられし癒し
0マナ
マナを全て消費する。消費したマナの2倍に等しい体力を回復する。(パラディン専用)

評価★☆☆☆☆
聖なる光が2コス6回復。4コス消費からこのカードのほうが効率が良くなるが、過剰。
今のところパラディンに必要なカードではない。



伝令するものヴォラズィ
6/5/5
雄叫び:味方のミニオン全ての1/1のコピーを1体ずつ召喚する。(プリースト専用)

評価★★★★★
断末魔や聖なる盾ミニオンをコピーしろと言っている。
ネルビアンの卵やマジウザがスタン落ちするから許されたカードのような気もする。
なにげにスタッツも良好。プリーストの戦力ダウンを補って余りある優秀カードである。



蝕まれしトーレン
4/2/3
挑発、断末魔:2/2のスライムを1体召喚する。

評価★★☆☆☆
シュレッダーとヘドロゲッパーを足して3で割ったようなカード。
合計スタッツはイェティ並だが、やはり攻撃力2は気になる。



超越者ハラジール
5/4/6
自分の呪文がダメージを与える度、そのダメージに等しい分自分のヒーローの体力を回復する。(シャーマン専用)

評価★★★★☆
シャーマンには貴重な回復ソース。過剰な期待はできないが、相手からすれば鬱陶しい。
スタッツが強いのも○。



ン=ゾスの触手
1/1/1
断末魔:全てのミニオンに1ダメージを与える。

評価★★☆☆☆
ほぼウォリアー用カードだろうか。1マナで自ミニオンにダメージを与えられるのはそれなりに有効。
しかし能動的に機能させるのは少し難しい。



さまよう無貌のもの
4/1/1
挑発, 雄叫び:味方のミニオン1体の攻撃力と体力をコピーする。

評価★★★☆☆
4マナにあって4マナにあらず。このカードを使うならできるだけ大物をコピーしたい。
普通に巨人勢やバフを受けたミニオンをコピーするのが安定だろうか。



ン=ゾスの一等航海士
1/1/1
雄叫び:1/3の錆びたフックを装備する。(ウォリアー専用)

評価★★☆☆☆
フェイスウォリアーのパーツ。さすがに通常のウォリアーにはお呼びでない。
アップグレード!と比べると、武器の強化はできないが、このカード自身が戦力になる点で勝る。しかし序盤を逃すと、すでに他の優秀な武器を持っていることが多いので、出すのが悩ましくなるカードである。



頽廃させしものン=ゾス
10/5/7
雄叫び:この対戦で死亡した味方の断末魔を持つミニオンを全て召喚する。

評価★★★★★
圧倒的アドバンテージをもたらすカード。問題はどのミニオンをお供にするかだが、無理に組み込まなくても、シルヴァナスやケーアン・ブラッドフーフが復活するだけで十分ともいえる。



アンダーシティの押し売り
2/2/2
断末魔: 対戦相手のクラスのカードをランダムに1枚、自分の手札に追加する。(ローグ専用)

評価★★★★☆
ローグ版闇の商人。選択はできないが、戦力になるスタッツを持ちつつハンドを補充できるのは偉い。



闇との訣別
2マナ
自分のヒーローパワーとウォーロック専用カードを他クラスのモノに入れ替える。
カードのマナコストは1低下する。
(ウォーロック専用)

評価★★☆☆☆
わかりづらいが、デッキの専用カードすべてを入れ替えるということだろうか?
デッキコンセプトも何もあったものではなくなるが、コスト-1はおいしい。



破滅!
10マナ
全てのミニオンを破壊する。
破壊したミニオンの数だけカードを引く。
(ウォーロック専用)

評価★★☆☆☆
ハンドを補充しつつリセットできるのは非常に強いが、さすがに重すぎる。
しかし、追加カードを見る限り、環境を遅くしようとする意図が見えるので、このカードの重要性も上がってくるのかもしれない。



ブギーモンスター
8/6/7
このミニオンの攻撃で他のミニオンを倒す度、+2/+2 を得る。

評価★★★☆☆
育成は必要だが怪物になれる可能性がある。
挑発ミニオンを隣に置くなどしてサポートしたい。



ン=ゾスの落とし子
3/2/2
断末魔: 自分の戦場にある全てのミニオンに+1/+1 を付与する。

評価★★☆☆☆
レイドリーダーと比べ、自分から死にに行く必要があるが、防御も上がる。
本人のスタッツの低さは解消されていないので、使いにくそうである。



蠱毒なザリル
4/3/2
雄叫び,断末魔:ランダムな「毒素カード」1枚を、自分の手札に追加する。(ローグ専用)

評価★★★★★
毒素カードが有能。しかも2回もらうチャンスがある。
コンボ起動にも使えるため、確実に使用率は高くなると考えられるカード。



戦闘用触手
5/2/2
断末魔: この武器を自分の手札に戻す。
(ウォリアー専用)

評価★☆☆☆☆
遅い。
5マナ貯めてようやく出すようなカードではない。
使い回せるのは面白いギミックが組めるかもしれないが、今のところウォリアーデッキに居場所を作るのは難しい。



光の王ラグナロス
8/8/8
自分のターンの終了時、ダメージを受けている
味方のキャラクター1体の体力を8回復する。(パラディン専用)

評価★★★★★
放置しておく訳にはいかないが8/8を処理するのは大変。
また、同コストのティリオンと比較すると、そちらは確実に相手の足が止まるが、こちらは相手の火力次第で返しのターンに殴り切られる可能性がある。
しかし、長期戦を想定するなら有用なことに間違いはない。



寄生
3マナ
味方のミニオン全てに「断末魔: ランダムな獣カード1枚を自分の手札に追加する」を付与する。(ハンター専用)

評価★★★★☆
ハンターの貴重なハンド補充。猟犬を放て!やヘビの罠などとのコンボも考えられる。
返す返すも死んだふりがスタン落ちするのが残念でならない。



峡谷の暴君ムクラ
6/5/5
雄叫び:「バナナ」 2枚を自分の手札に追加する。

評価★★★☆☆
腐っても2ドロー。しかし、場に出したターンはバニラ5/5であり、バナナを撃つタイミングがあるか悩ましい。



カルトの薬師
5/4/4
雄叫び: 敵のミニオン1体につき、自分のヒーローの体力を2回復する。

評価★☆☆☆☆
条件が厳しくなった代わりにスタッツの上がったヒールロボ。
このカードが働くということは相手が大量展開しているというわけで、悠長に5マナ4/4を出している場合ではない気がする。
やはり相手に左右される回復は使いづらい。



密言・恐
4マナ
攻撃力が2以下のミニオンを全て破壊する。(プリースト専用)

評価★☆☆☆☆
アグロメタ。ホーリーノヴァや掘り出されし邪悪よりも1コス軽い貴重なAoEだが、範囲がキツすぎる。パラディンの聖別がどれだけ便利か証明するようなカード。
一応、聖なる盾を貫通できる、フレイムウェイカーなどを落とせるといったメリットはあるが、ナイフ・ジャグラーなどの絶対に落としておきたい相手に届かないのは痛い。

追記:ナイフ・ジャグラーは2/2になったので圏内に。また、なんだかんだでパラディンが強いので、対策としてありかもしれない。


ヤシャラージュの烙印
2マナ
ミニオン1体に+2/+2 を付与する。対象が獣だった場合、カードを1枚引く。(ドルイド専用)

評価★★★★★
ドルイドもだいぶ形になりそうな感。
獣デッキにこだわらずに、騎乗用ラプター、野蛮な闘士、爪のドルイドなどがいる時に使うだけでもよさそう。
知識の古代樹にドローを任せがちなドルイドにとって、貴重なキャントリップである。



ダークシャイアの管理官
3/3/3
自分が体力1のミニオンを召喚する度、そのミニオンに聖なる盾を付与する。(パラディン専用)

評価★★☆☆☆
兵役招集をスタン落ちさせることで生まれてきた。身代わりとの組み合わせは有用そうである。
前回紹介した、

闇への抵抗
5マナ
1/1のシルバーハンド新兵を5体召喚する。(パラディン専用)

ともコンボはできるが、さすがにリターンが少ないか。



鱗の悪夢
6/2/8
自分のターン開始時このミニオンの攻撃力を2倍にする。

評価★★★☆☆
とてもロマンを感じる。
パラディンで使った場合、力の祝福で+3、次のターン頭に攻撃力10になり、祝福されし勇者で2倍にする、といったところが実用範囲か。
単純に挑発やアージェントの護衛などで守り、2ターン以上育てるのも悪くないかも。



カバル教団の魔道書
5マナ
ランダムなメイジの呪文カード3枚を自分の手札に加える。(メイジ専用)

評価★★★★☆
曲がりなりにも3ドロー。選択できないのは気になるが、メイジのスペルは強力なものが多いので有利に働くことが多いだろう。



スクラムの狂信者
6/7/6
雄叫び: 自分のクトゥーンに+2/+2 を付与する。(居場所は問わない)

評価★★★☆☆
6マナで実質バニラはちょっと……と思ったが、スタッツがごっつい。欲を言えば6/7がよかったが、オーガが可哀想すぎるか。
クトゥーンのパンプアップ要因は十分間に合っているが、不安なら1枚くらい差しておいてもいいだろう。
ただしBGHの射程に入っているので注意。



放たれし激昂ヤシャラージュ
10/10/10
自分のターンの終了時、自分のデッキからミニオン1体を陣地に置く。

評価★★★☆☆
綺麗なスタッツに運要素の強い効果。
ドルイドかプリーストあたりが使いこなせるだろうか。
正直10マナミニオンならもう少し即効性が欲しいが、贅沢な言い分か。



古代の先遣者
6/4/6
自分のターンの開始時、自分のデッキからコスト(10)のミニオン1体を自分の手札に追加する。

評価★★★★★
クトゥーンを始め、邪神たちを呼んでくるのに必須になりそうなカード。
このカードがあれば、クトゥーンがデッキの底で埋もれっぱなしという事態が避けられる。
スタッツもまあまあで、生き残らせるのはそこまで難しくないだろう。クトゥーンが手札にある場合でも、相手からは見えないので、ソフトトーントとして機能する。



進化を統べるもの
4/4/5
雄叫び:味方のミニオン1体を、ランダムなコストが(1)高いものと入れ替える。(シャーマン専用)

評価★★★★★
シャーマン期待の新星。
とりあえずサイズがイエティ。そしてミニオンを入れ替えるということは、ダメージがリセットされるということである。
4マナ帯で出す場合は、タスカーのトーテム師などを対象にし、中盤以降はダメージを負ったファイア・エレメンタルなどを変身させれば相手は悶絶ものである。
シャーマンの地位引き上げに間違いなく貢献するだろうカード。



地底よりのもの
6/5/5
挑発: この対戦で召喚したトーテム1体ごとにコストが(1)減る。(シャーマン専用)

評価★★★★☆
無理なく出して行けそうなのは、トーテム・ゴーレム、炎の舌のトーテム、タスカーのトーテム師などと、後はヒロパの各種トーテム。
コスト-1でも5/5/5挑発なので、性能的にはかなり優良。だがトーテムを引けない場合の動きを考えておくのも大事だろう。



Ravaging Ghoul
3/3/3
雄叫び: 自身を除く全ミニオンに1ダメージを与える。(ウォーリア専用)

評価★★★★☆
プチAoE内蔵ミニオン。自陣へのダメージは苦痛の侍祭などでメリットに変換できるのはいつもの通り。



バイルフィンの異端審問官
1/1/3
雄叫び:自分のヒーローパワーが、「1/1 のマーロックを1体召喚する」に変化する。(パラディン専用)

評価★☆☆☆☆
マーロックパラディンのパーツ……だが、鯛罪を撃つにはかえって邪魔。マーロックの戦隊長などで強化して殴り切る用だろうか。
とりあえず、マーロック騎士はまた間接的に弱体化した。



古代地の番人
4/3/3
選択: 2/2のスライムを1体召喚する。または空のマナクリスタルを1つ獲得する。(ドルイド専用)

評価★★★★★
蝕まれしトーレンとは何だったのか。
マナ加速するもよし、盤面の増強に使うもよしの便利カード。獰猛な咆哮との相性も○。
ただし4マナ帯で3/3バニラを出すことのテンポロスには気をつけたい。
うまく行けば2ターン目繁茂、3ターン目このカードで、4ターン目に6マナに到達できる。

黄昏の鎚
5/4/2
断末魔:4/2のエレメンタルを1体召喚する。(シャーマン専用)

評価★★★★☆
ドゥームハンマーとは違った運用になりそうなカード。ミッドレンジ以降のデッキで使われるだろう。
ハリソンなどで破壊されても、最低限の働きはする。



Blood Warriors
3マナ
味方のダメージを受けているミニオン全てのコピーを1枚ずつ、自分の手札に追加する。(ウォリアー専用)

評価★★★★☆
ウォリアーで手札に困ることはあまりないような気もするが、起動条件に無理がなく、発動させやすい。
レジェンド2枚目を出されるなどしたら頭を抱えたくなるだろう。
レノ・ジャクソンを2枚出して相手をキレさせよう。



Blood of the Ancient One
9/9/9
自分のターン終了時にこのミニオンが2体自分の場にあるなら、それらは融合し「The Ancient One」になる。
(The Ancient Oneは9/30/30)

評価★☆☆☆☆
ロマン。使うなら、無貌の操り手や、上記「伝令するものヴォラズィ」は必須だろう。
ただ、必死で召喚した30/30がBGHや密言にやられたり、羊やカエルにされても泣かない強さが必要である。



Call of the Wild
8マナ
「獣の相棒」を3体全て召喚する。(ハンター専用)

評価★★★★☆
とてもイカしたカード。5/2突撃と5/4挑発が出るのはなかなか。
しかしミッドレンジで使うにしても、8マナという重さは少し気になる。それまで耐えるデッキ構成が必要だが、普通に殴りきったほうがいいかもしれない。




以上。
だいぶ公開カードが増え、リリースまでに全部情報が出るんじゃないかと思う勢いである。

クトゥーンデッキは間違いなく流行るだろうが、個人的にはプリーストとシャーマンの躍進を期待したい。



追記:続きを書いたのでリンク。


eno000.hatenablog.com


シャーマンキング 完全版 1 (1) (ジャンプコミックス)

シャーマンキング 完全版 1 (1) (ジャンプコミックス)