読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷口にユーゲル

主にアニメとか漫画とか仕事のこと

【シャドウバース】『ダークネス・エボルヴ』新カード感想

けっこう新カードが公開されてきたので個人的な評価を。


shadowverse.gamewith.jp



ニュートラ

ダークエンジェル・オリヴィエ
9/4/4
【ファンファーレ】自分のEP(進化権)を3ポイントにする

評価★★★★★
さらりととんでもないことが書かれている。
このカード自身を進化させれば実質9/6/6の突進持ちとなるため、出したターン完全に無防備になるわけではないというのは良さげ。
相性が良さそうなのは、やはりドラゴン、ビショップあたりか。新しいデッキの形が模索できそうなカードである。



アークエンジェル・レイナ
8/5/5(進化時8/5/5)
【進化時】進化していない自分のフォロワーすべてを進化させる。(それらの進化時能力は働かない)

評価★☆☆☆☆
自身が進化するかつ、他のフォロワーを出していなければ効果がない。
かなり前提条件が厳しく、劣勢時にはどうしようもないカード。横に展開して早々に殴り切るデッキを目指してもいいが、そういうデッキが8ターン目まで進化を温存していることは少ない。



オーディン
8/4/3
【ファンファーレ】相手フォロワー1体か、アミュレットひとつを消滅させる

評価★★★★☆
プチ「プルートー」や「オーブドラゴン」といった感じのカード。アミュレットまで消滅させられるため、かなりの汎用性がある。
ネクロマンサーやビショップにとっては不倶戴天の敵になりそうなカード。



ユニコーンの踊り手・ユニコ
2/2/2
自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復。

評価★★★★☆
順当に使える。
タイミング的に回復できない場面も多いだろうが、アグロ相手などでは擬似守護として機能するし、中盤以降に余ったコストで出すのも悪くはない。



ハンプティダンプティ
4/3/3(進化時4/3/3)
【進化時】
お互いのフォロワーすべてに3ダメージ。
(このフォロワーも含める。)

評価★★★☆☆
アグロ相手に何もできず轢き殺されることを防いでくれる。
ニュートラルで全体除去ができるというのが存在意義。エルフやウィッチが導入しそう。ドラゴンもいけるか。
しかし4コスト+進化権を使用してしまうため、何も考えずに採用するのは難しい。「ドラゴンウォーリア」などと違い、自身も破壊されてしまうため、状況によってはバニラでいてくれたほうがマシだったという場面もありえる。



魔術の解読
6コストスペル
カードを3枚引く。

評価★★☆☆☆
テキストはシンプルなほど強い……のかというと、このコストで盤面に何ももたらさないのはちょっと不安。
ドローがしにくいリーダーに差してみると活躍するかもしれない。




●エルフ

クリスタリア・プリンセス・ティア
5/1/1
【ファンファーレ】クリスタリア・イヴ1体を出す。このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、そのフォロワーは進化して、守護を持つ。

評価★★★★★
クリスタリア・イヴは4/4なので、合計スタッツは5/5/5で平均超え。雑に出すだけでも使える。
さらにカードを2枚以上プレイできていたなら、盤面を相当優位にできる。かなり嫌らしく、エルフの殴り合いデッキに可能性を広げてくれるカード。



エルフキング・ヴァルト
7/5/5
【ファンファーレ】フェアリー2枚を手札に加え、それらのコストを0にする

評価★★★☆☆
7マナは重いが、コスト0のフェアリーが2枚入手できるのはいい感じ。
ただしフェアリー補充なら他のカードで間に合っている感はあるし、7マナ帯では他にやることがある気もする。



エルフの少女・リザ
2/2/2
【ファンファーレ】相手のターン終了まで、自分のフォロワーへの「能力によるダメージ」は0になる(「攻撃によるダメージ」はそのまま)

評価★★★★★
優秀スタッツを持ちつつこの効果はちょっとずるい。
「ゴブリンマウントデーモン」、「ハンプティダンプティ」などの自傷ダメージも無効にできる。



エルフナイト・シンシア
6/5/6(進化時6/6/7)
【進化前】:自分の他のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーを+1/+0する。
【進化後】:【進化時】フェアリー2体を出す。自分の他のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーを+1/+0する。

評価★★★★★
エルフ版セージコマンダーみたいな。
本家同様スタッツが強く、進化するとフェアリーまで連れてこれる。もともと攻撃力が高いため、進化時のステータスが+1/+1なのもあまり気にならない。



エルフバード
2/2/2
他のフォロワーが進化するたび、フェアリー1枚を手札に加える。

評価★☆☆☆☆
条件の達成が不安定で、リターンもあまり大きくない。スタッツ優秀とはいえ、他に入れたいフォロワーはいくらでもいる。



千年妖狐・ユエル
4/3/4
【進化時】 自分のターン終了時、相手のランダムなフォロワー1体に1ダメージ。これを2回行う。

評価★★☆☆☆
盤面を取るための4コス進化フォロワーが増えた。
ランダムダメージなのはプラスにもマイナスにもなるが、おおむね困ることのほうが多そう。



●ロイヤル

コウガクノイチ
7/3/3
【ファンファーレ】【潜伏】 分身する。
(コウガクノイチのファンファーレ能力が働くと、コウガクノイチをさらに1体、場に出す。)

評価★★☆☆☆
面白い効果なのだが、7コストで出したターン何の影響も及ぼさないのはかなりマイナス。潜伏は付いているが、「ハンプティダンプティ」などの全体除去に巻き込まれる。
頭数を増やしたいだけなら、ロイヤルには他に良いカードがいくらでもある。



ホワイトパラディン
3/3/2(進化時3/4/3)
【守護】
【進化時】シールドガーディアンを相手の場のフォロワーと同じ数だけ出す。
(シールドガーディアン:1/1/1守護)

評価★★☆☆☆
変わり種の「リザードマン」。相手の展開に左右される能力で、安定はしない。
相手のフォロワーが3体以上いなければリザードマンに合計スペックで負けてしまうが、一応こちらは指揮官と兵士がいっぺんに用意でき、守護を細かく並べるので処理に手間を取らせることができる。その分「腐の嵐」などは苦手。

追記:訂正。進化後4/3なので、相手のフォロワーが2体以上いればリザードマン超えできる。



アレキサンダー
8/6/7
【突進】
このフォロワーは、相手のリーダーを攻撃できないが、相手のフォロワーを何回でも攻撃できる。

評価★★★★☆
楽しい効果を持っている大型フォロワー。
「死の祝福」などで横に並んでいる相手のフォロワーを一気に倒していける。大型に寄せたロイヤルのデッキを組むなら、かなり頼りになりそう。



勇敢なる旗手
2/2/1
他のフォロワーが進化するたび、ナイト1体を出す。

評価★☆☆☆☆
できるかぎり兵士を場に残しておきたいロイヤルで、発動するかどうか不明な効果を期待して2/2/1を置く余裕はない。効果そのものもやや貧弱。



アドバンスブレーダー
5/3/4
【ファンファーレ】兵士・カードをランダムに2枚手札に加える。

評価★★☆☆☆
スタッツが絶妙に悩ましい。また、狙ったカードを引けるわけではないため、すぐに有利につなげられるわけでもない。
いくらロイヤルの5コスト帯が貧弱とはいえ、これを採用するにはちょっと勇気がいる。「ノーブルナイト」と比べ、体力が1多いのは良い点。



●ウィッチ

白霜の風
5コストスペル
体力1以下の相手のフォロワー1体を手札に戻す。スノーマン1体を出す。

【スペルブースト】戻す相手のフォロワーの体力 +1、出すスノーマン +1体

評価★★★☆☆
バウンスと展開が一度にできるウィッチスペルの新顔。大型を戻すには体力を減らすかスペルブーストを育てなければならない。
破壊以外の除去が増えたのはいいが、効果が中途半端にならないか不安。



太陽の巫女・パメラ
5/4/5
【ファンファーレ】【土の秘術】このターン終了時、このフォロワーが場にいるなら、自分の他のフォロワーの攻撃力/体力を2倍にする

評価★★★★★
高スタッツに劇的な強化効果。下準備がいるとはいえ、相当に強力なカード。書き方的に自分の他の全てのフォロワーを強化しそうな感じだが、1体対象でも十分な強さである。



魔女の雷撃
3コストスペル
相手フォロワー1体に4ダメージ。自分の場に進化後フォロワーがいるなら、カードを1枚引く。

評価★★★★☆
3コストで4点はなかなか。「ウインドブラスト」と比べ重く火力は固定だが、今引きで使える。割と軽いので、ドローの方の効果も意識して使っていけるかもしれない。



デュアルウィッチ・レミラミ
4/3/4(進化時4/5/6)
【進化時】【土の秘術】ガーディアンゴーレム1体を出す。

評価★★★★★
見た目とCVと効果が全部素敵な優良カード。土の印を消費して、ガーディアンゴーレムを出しつつ進化殴りしたこのカードを守るという動きは強力。いっぺんに盤面を取れる。
非常時に素出しして、普通にバニラフォロワーとして進化させてもOKなのはかなり便利。
「フローラルフェンサー」がどれだけ強いか思い出させてくれる1枚でもある。



氷像の召喚
3コストスペル
フリーズゴーレムを召喚する。
(フリーズゴーレム:3/5/5守護 このフォロワーは攻撃できない。相手のターン終了時に破壊される。)

評価★★★☆☆
徹底的にアグロを足止めするカード。スペルブーストを育てつつ、1ターン稼げるだけでもありがたい。
ただし中盤以降は普通に乗り越えて来られそうなので、過信は禁物。



●ドラゴン

ノクシャスロアードラゴン
4/4/3
【進化前】自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき、他のフォロワーすべてに1ダメージ
【進化後】自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき、他のフォロワーすべてに1ダメージ

評価★☆☆☆☆
手札を捨てるギミックが必要。「ドラゴニュート・スカラー」などが候補だろうが、そちらにもダメージが通るためあまり使い勝手は良くない。



ネプチューン
7/5/5(進化後7/5/5)
【進化前】【守護】【ファンファーレ】オルカ1体を出す。
【進化後】【守護】【進化時】自分のオルカすべてを進化させる。
(オルカ:2/2/2)

評価★★★★★
合計スタッツは7/7/7で優秀。素で守護を持つのも嬉しい。
進化するとオルカの方が強化されるが、進化殴りはネプチューンもオルカもできるというのが強い。5点と4点を振り分けて殴り、守護を残すのはかなり強力な動きである。
アークエンジェル・レイナに謝ってほしい。



竜巫女の儀式
3コストアミュレット
自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につきカード1枚を引く

評価★★★★★
手札が減りがちなドラゴンにすごいドローソースが入ってきた。
「新たなる運命」がとんでもドローになるほか、「ドラゴニュートスカラー」、「神龍」などと普通に相性がいい。全く新しい形のドラゴンが組める可能性がある強力なカード。
なお、冥府デッキをやるにはドラゴンは向いていないため(1枚で墓地を肥やせるカードが少ない)、普通に手札補充として使ったほうが強いと思う。



竜呼びの笛
3コストアミュレット
【ファンファーレ】覚醒状態なら手札にあるコスト3以下の全カードを《ヘルフレイムドラゴン》に変身させる。

覚醒状態なら自分がコスト3以下のカードを引くたびに《ヘルフレイムドラゴン》に変身させる。
(ヘルフレイムドラゴン:2/4/3突進)

評価★★☆☆☆
終盤使いにくい低コストカードを有用な突進持ちに生まれ変わらせる。覚醒していないと無力なので考えなしに導入はできないが、効果自体は強力。
しかし「ブレイジングブレス」や守護持ちなども容赦なく変化させてしまうため、たとえば「ダーグドラグーン・フォルテ」などが相手の場にいる場合、かえって困ったことになる可能性もある。



連なる咆哮
9コストアミュレット
自分のターン開始時、「突風のドラゴン」1体を出す

評価★★★☆☆
イラストがかっこいい。効果も派手で持続力があるが、やはり出したターン無力なのが気になる。
確かに「騎竜兵」で早出しするという手もあるが、返しのターンでエクスキューションされたら立ち直れない。
強力なことは強力だが、使える盤面を選ぶ上級者向けのカード。



●ネクロマンサー

ケリドウェン
5/5/4(進化時5/5/4)
【進化時】このバトル中に破壊された、コスト最大の自分のフォロワーをランダムに1枚選び、それと同名のフォロワーを場に出す。

評価★★★★☆
かなり優秀なリアニメイト効果を持つ。やはり「地獄の解放者」などを復活させたいが、「ラビットネクロマンサー」などでも十分強力。
ただし体力は4しかないので、進化後の「フローラルフェンサー」などに討ち取られてしまうのには注意が必要。
ぜひとも「骸の王」を早出しして復活させてみたい。



死を追う者
3/2/3
【進化前】 他のフォロワーが進化するたび、墓場を+2する
【進化後】 他のフォロワーが進化するたび、墓場を+2する

評価★★☆☆☆
スタッツは優秀。効果を発揮する場面も少しは期待できる。問題はネクロの3コストには他にも優秀なカードが多いこと。



死者の帰還
2コストスペル
このバトル中に破壊された、コスト最大の自分のフォロワーと同名のフォロワー1枚を手札に加える(コスト最大のフォロワーが複数あるなら、その中からランダム。)

評価★☆☆☆☆
使いどころがない。



死霊の宴
3コストアミュレット
カウントダウン2 【ファンファーレ】墓場を+13する。【ラストワード】 自分の墓場を0にする。

評価★★★★★
とても面白い墓地肥やしカード。もちろんデスタイラントデッキで使いたいが、他にもネクロマンスを連打するなど、いろいろと悪さができそう。



魂の再利用
3コストアミュレット
カウントダウン2 自分のターン終了時カードを1枚引く。自分がネクロマンスするたび、カウントダウンを1遅らせる。

評価★★★★★
何もしなくてもとりあえず2ドロー。1回ネクロマンスすればダメージのない「漆黒の契約」になる。ドローのタイミング的に、返しで除去されても1枚は引ける。
総じて優秀。ミッドレンジ以降のネクロデッキにはぜひ入れたい。
   


●ヴァンパイア

吸血姫・ヴァンピィ 
2/2/2
【進化前】自分の場にフォレストバットが出るたび、相手リーダーに1ダメージ。
【進化後】進化時にフォレストバット1体を出す。自分の場にフォレストバットが出るたび、相手リーダーに1ダメージ。

評価★★★★★
とてつもない。
ただ出すだけで相手にプレッシャーがかかり、「眷属の召喚」などと気軽に組み合わせて相手の体力をどんどん削っていける。
新しい形のヴァンパイアデッキが生まれそう。



吸血鬼の古城
2コストアミュレット
自分のターン終了時、自分の場にフォレストバットがいる場合は、フォレストバット1体を出す。
その後、自分の場にカードが5枚あるなら、相手のリーダーに自分の場にいるフォレストバットの数と同じダメージを与え、このアミュレットを破壊する。

評価★★★☆☆
フォレストバットがいなければ機能しないのはマイナスポイント。しかし、上記「ヴァンピィ」など、フォレストバット関係カードは多く、決まればかなり強力な動きができる。



ブラッディ・メアリー
5/4/5
このフォロワーが場にいる限り、自分のターン中自分のリーダーがダメージを受けるなら、自分ではなく相手のリーダーが受ける。

評価★★★★★
かなりイカれている。このカードがある状態で「漆黒の契約」などを出されたら発狂ものである。
ヴァンパイアは「ブラッドウルフ」などの低コスト自傷系カードも豊富なため、それらと同時に出されると、思わぬ即死を食らうことになりかねない。
このカード自身も戦力として十分期待でき、対戦相手にかなりのストレスを強制してくれそうな1枚。



ソウルミニデビル
3/3/2
他のフォロワーが進化するたび、相手のリーダーに1ダメージ、更に自分のリーダーを1回復する。

評価★★☆☆☆
採用の目がないではないが、やはり死にやすいスタッツで進化がトリガーなのは使いにくい。



●ビショップ

スレッジエクソシスト
2/2/3(進化時2/2/3)
【進化後】進化時に相手のフォロワー1体を破壊する

評価★★☆☆☆
4枚目以降の「鉄槌の僧侶」のような使い方はできるが、微妙。ビショップの進化枠は取り合いが激しく、このカードが入る隙間はあまりない。
バニラ2/2/3として使えるといえばいえるが、それなら「ダークプリースト」などを採用したほうがずっど強い。



エイラの祈祷
3コストアミュレット
自分のリーダーが回復するたび、自分のフォロワーすべてを+1/+1する。

評価★☆☆☆☆
いったい何のために生まれてきたのか。一応、「大修道女」や「ルシフェル」がひと回り大きくなるが、だからどうしたという感じ。
このカードを出し、フォロワーを出し、リーダーを回復するという行程を踏まなければならないのに、この効果は控えめすぎる。
追加カードとの噛み合い次第で化けるかもしれないが、現状はいらない子である。



スカイスピリット
3/2/3
【ファンファーレ】他のフォロワー1体が突進を持つ

評価★★★★☆
素直に使える。アミュレットから出てきたフォロワーを突撃させるのが主な使い方だろうか。
2コストならもっと嬉しかった。



●まとめ
現状ではカードが出揃っていないが、エルフ、ウィッチ、ヴァンパイアあたりが特に強くなりそう。また、ビショップのカードがかなり伏せられているので、追加に期待したい。



eno000.hatenablog.com