読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷口にユーゲル

主にアニメとか漫画とか仕事のこと

【ハースストーン】『旧神のささやき』新カード感想4

前回
【ハースストーン】『旧神のささやき』新カード感想3 - 傷口にユーゲル

情報元
旧神のささやき ヒーロー/レアリティ別カードまとめ - WOTOG


前回の記事を書いた直後に残り全部のカードが公開されてしまったので、さっさと続きを書いてしまおうと思う。




ドルイド専用

Fandral Staghelm
4/3/5
自分の”選択カード”は、2つの効果が結合する。

評価★★★★★
強い。十分なスタッツに、とても放置できない効果。
爪のドルイドが4/6突撃挑発になるのも素晴らしいが、あえて4ターン目に出さず、ワタリガラスや自然の怒りを同ターンに出していくのも強そうである。



Forbidden Ancient
1/1/1
マナを全て消費する。消費したマナの数だけ+1/+1 を得る。

評価★★☆☆☆
終盤に引いても無駄にならないのは偉いが、ドルイドに必要な効果かは疑問。
精霊交信デッキを組むならエースになり得る。



Feral Rage
3マナ
選択: 自分のヒーローに、このターンの間攻撃力+4を付与する。または、装甲を+8獲得する

評価★★★☆☆
除去にも延命にも使えるのは便利。ただいまいちデッキにスペースを見出しづらい。



Addled Grizzly
3/2/2
自分がミニオン1体を召喚した後、そのミニオンに+1/+1 を付与する。

評価★★☆☆☆
コンボ用。吹けば飛ぶスタッツなので、できるだけ同ターン内に効果を発揮させたい。
現実的なのは、生きている根、古代地の番人、自然の援軍(nerf後)など。
やはりちょっと力不足か。



●メイジ専用

Anomalus
8/8/6
断末魔:全てのミニオンに8ダメージを与える。

評価★★★☆☆
効果は強力。だが凍結や挑発ミニオンなどで足止めされるときつい。
ボードクリアしたい場合に出すにしても、即効性がないのが響いてくる気がする。



Shatter
2マナ
凍結状態のミニオン1体を破壊する。

評価★★★☆☆
フリーズメイジの除去担当。しかし単体で働かないのはやはりマイナス。



Cult Sorcerer
2/3/2
呪文ダメージ+1。自分が呪文を唱えた後、自分のクトゥーンに+1/+1を付与する(居場所は問わない)。

評価★★★☆☆
何はともあれ呪文ダメージ増加。スタッツも優良だが、クトゥーンサポートとしては他のカードでもう十分な感じ。



●プリースト専用

Power Word: Tentacles
5マナ
ミニオン1体に+2/+6 を付与する。

評価★★★☆☆
ヴェレンに選ばれし者は何かの間違いだったと言いたいらしい。
件のカードに比べると、コストが2増えて呪文ダメージ増加が消え、ヘルスのバフが+2。
十分使えるレベルかもしれないが、5マナあれば適当なミニオンを出したほうがいいかも。



Darkshire Alchemist
5/4/5
雄叫び:対象の体力を5回復する。

評価★★★★☆
便利な回復カード。弱ったミニオンを回復しつつ4/5が出せる。
見た目以上に使えるミニオンな気がする。



Twilight Darkmender
5/6/5
雄叫び: 自分のクトゥーンの攻撃力が10以上ある場合、ヒーローの体力を10回復する。

評価★★★★☆
クトゥーンの居場所を問わないなら★★★★★
バニラレベルのスタッツと、長期戦に強い効果。対戦相手を確実にげんなりさせる。

追記:クトゥーンの居場所を問わない。中盤以降でないと能力がやや腐るかもしれないが、やはりスタッツが強力。


Hooded Acolyte
4/3/6
キャラクターが回復を受ける度に、自分のクトゥーンに +1/+1を付与する(居場所は問わない)

評価★★★★☆
ホーリーノヴァなどで一気にパンプできる可能性がある。
プリーストでクトゥーンを使うなら、とりあえず入れても問題ないだろう。



●シャーマン専用

Evolve
1マナ
味方ミニオン全てを、ランダムなコストが(1)高いものと入れ替える。

評価★★★★★
神のカード。
味方ミニオン全ての体力を全快し、一回り強化すると書いてある。
ダーナサスなどのハズレを引く危険を差し引いても、恐ろしく強い1枚。とても1マナの仕事ではない。



Primal Fusion
1マナ
味方ミニオン1体に、自分のトーテムの数だけ+1/+1 を付与する。

評価★☆☆☆☆
場の状況に依存するバフは使いづらい。トーテムを増殖させる方法が確保できるなら、1マナなことだしワンチャンス生まれるかもしれない。



Stormcrack
2マナ
ミニオン1体に4ダメージを与える。オーバーロード(1)

評価★★★★☆
バリバリの代わりにはならないかもしれないが、火力の選択肢が増えた。
2マナで4点は単純に強い。ただしオーバーロードであることに変わりはないので注意。



Eternal Sentinel
2/3/2
雄叫び:オーバーロードでロックされたマナクリスタルを解放する。

評価★★★★☆
素出しでも無駄にならない優良スタッツ。そしてオーバーロード解放付き。
溶岩の衝撃と違い、火力をぶつける適当なミニオンがいない状態でも無駄にならない。
ただし中盤以降は火力が欲しい場面が多いかもしれない。



Flamewreathed Faceless
4/7/7
オーバーロード(2)
評価★★★★★

神のカード2。
4マナでこのサイズが降ってくるのは驚異の一言。BGHのnerfも追い風になっている。
対処法は、羊、蛙にする、プリーストの密言・死、パラディンの各種デバフ、ウォリアーのとどめの一撃、ハンターの狩人の狙いなど。
ドルイドウォーロック、ローグは明確な回答があまりなく、特に厳しい。
隣にトンネル・トログがいる場合が多いだろうことを考えると、さらに対処が難しくなってくる。
シャーマン相手には常に意識しておくべきカードだろう。



●ウォリアー専用

Malkorok
7/6/5
雄叫び: ランダムな武器を1つ装備する。

評価★★☆☆☆
得られる武器の期待値は高めだが、ミニオン本体がちょっと貧弱。
7マナでランダム性が大きいカードなので、もう少しスタッツが欲しかった。



Blood to Ichor
1マナ
ミニオン1体に1ダメージを与える。そのミニオンが死ななかった場合、2/2 のスライムを1体召喚する。

評価★★★★☆
激怒起動に使ってもいいし、1点足りない場面を補ってもいい。
コストパフォーマンス良好な1枚。



Bloodsail Cultist
3/3/4
雄叫び:自分の戦場に海賊がいる場合、自分の武器に+1/+1 を付与する。

評価★★★★★
海賊デッキの中核になり得るカード。素出しに耐えられるスタッツに、アップグレード内蔵と非常に優秀。



Bloodhoof Brave
4/2/6
挑発、激怒: 攻撃力+3。

評価★★★★☆
激怒発動で攻撃力5。かなり対処に困る。
カバルの影の僧侶に奪われると悲惨なので注意。



●ハンター専用

On the Hunt
1マナ
1ダメージを与える。1/1 のMastiffを1体召喚する。

評価★★☆☆☆
ウォリアーのBlood to Ichorに比べ、1ダメージの有用性が低く、召喚されるミニオンもちょっと物足りない。



Infested Wolf
4/3/3
断末魔:1/1 Spiderを2体召喚する。

評価★★★☆☆
スタン落ちの蜘蛛と比べ、いまいちコストパフォーマンスが悪い。



Carrion Grub
3/2/5
特殊能力無し。

評価★★★☆☆
体力のある獣。以上。



Fiery Bat
1/2/1
断末魔:
ランダムな敵1体に1ダメージを与える。

評価★★★★★
nerfされるレプラノームの代わりにフェイスハンターに入れたくなる。そして獣である。



パラディン専用

Divine Strength
1マナ
ミニオン1体に+1/+2 を付与する。

評価★★☆☆☆
軽量バフ。さすがにデッキのスペースを割くのはもったいない。
が、体力+2は馬鹿にできないので、ナイフジャグラーなどを長生きさせることで盤面を取り続ける役に立つかもしれない。



Rallying Blade
3/3/2
雄叫び:聖なる盾を持つ全ての味方ミニオンに+1/+1 を付与する。

評価★★★☆☆
コグハンマーが恋しくなる。
一応武器としてのバランスはいいので、軽量の盾持ちを用意しておきたい。




A Light in the Darkness
2マナ
ミニオン一体を発見する。そのミニオンに +1/+1を付与する。

評価★☆☆☆☆
2マナロスらせて+1/+1がどう影響してくるか。
発見そのものは強いが、どうしてもテンポを失いがちになりそうなのが気になる。



Selfless Hero
1/2/1
断末魔: ランダムな味方ミニオン1体に、聖なる盾を付与する。

評価★★★★☆
1ターン目には出しづらいが、そこそこのプレッシャーがあるミニオン
アグロに居場所を求めていきたい。



●ローグ専用

Journey Below
1マナ
断末魔カードを1枚発見する。

評価★★★★☆
パラディンのA Light in the Darknessドルイドワタリガラスに近い1枚。
ローグの場合、コンボとラプターの存在があるので、評価はやや高め。また、断末魔カードは有能なものが多い。



Bladed Cultist
1/1/2
コンボ:+1/+1 を得る。

評価★★★☆☆
コンボ起動で1/2/3。
1マナのこのカードをコンボのトリガーにしたい場面が多そうである。
しかしアグロ寄りのデッキで組むと、いい潤滑油になりそう。



Shadow Strike
3マナ
ダメージを受けていないキャラクター1体に5ダメージを与える。

評価★★★★★
とうとうヘルス5までのミニオンに人権を許さなくなった。
5点というのはかなりの範囲のミニオンを落とすことができ、テンポアドバンテージを取りやすい。
ソーリサン皇帝など、即座に倒しておきたい相手に刺さると爽快。



Southsea Squidface
4/4/4
断末魔: 自分の武器に攻撃力+2を付与する。

評価★★★★☆
武器関係の主力スペルが弱体化されたローグの新戦力。致死毒内蔵でお得かつ、さらに海賊である。



クトゥーンの刃
9/4/4
雄叫び: ミニオン1体を破壊する。その攻撃力と体力をクトゥーンに追加する(居場所は問わない)。

評価★★☆☆☆
敵を倒しつつクトゥーンをパンプするのは強力だが、ひたすら重い。
体力の減りやすいローグにおいては、9マナに到達するために他にやるべきことがあるはずだ。



ウォーロック専用

Darkshire Librarian
2/3/2
雄叫び: ランダムなカードを1枚捨てる。断末魔: カードを1枚引く。

評価★★☆☆☆
手札を回転させる効果があるが、必要なカードを捨ててしまっては元も子もない。
いまいち使い道が見えづらいカード。



Darkshire Councilman
3/1/5
自分がミニオンを1体召喚した後、攻撃力+1 を得る。

評価★★☆☆☆
インプァクトが現役の頃に生まれてほしかった。
一応、マーロックのタイドハンターなどでサポートできる。



魂の案内人
5/5/6
味方のミニオンが死ぬ度 自分のクトゥーンに+1/+1を付与する(居場所は問わない)。

評価★★★★☆
とかくスタッツが優秀。クトゥーンデッキならとりあえず入れるべき。
というより、ウォーロックにはクトゥーンサポートがこのカード以外にない。



Forbidden Ritual
0マナ
マナを全て消費する。消費したマナの数だけ、1/1 のTentacleを召喚する。

評価★☆☆☆☆
なぜこんな悲しいカードを生み出してしまったのか理解に苦しむ。
しかし上記Darkshire Councilmanやナイフジャグラーなどと組んで一発芸ができる。



●中立

双皇帝ヴェク=ロア
7/4/6
挑発 雄叫び:自分のクトゥーンの攻撃力が10以上ある場合、もう1体の双皇帝を召喚する。

評価★★★☆☆
クトゥーンの居場所を問わないなら★★★★★
挑発持ち4/6が2体は強い。
クトゥーンサポートを駆使していれば、条件は厳しくないはずだ。

追記:クトゥーンの居場所を問わない。プリーストの密言に引っかからず、5点もらっても死なない挑発持ちが2体出るのはバランスブレイカーレベル。ブランが出ていたらさらに危険。



暗黒釣人ナット・ペイグル
2/2/4
相手のターンの開始時相手は50%の確率でカードを1枚余分に引く。

評価★☆☆☆☆
バニラよりヘルスが1高い代わりに、やけに重く見えるデメリットを背負っている。
ミル系のデッキで使えるかもしれないが、序盤で相手のドローを加速させてしまうのはやはり心配。



闇に説くもの
雄叫び:
5/3/6
味方のミニオン1体と攻撃力・体力を入れ替える。

評価★★☆☆☆
軽量ミニオンを対象にしたあと、このカードを変身させられれば完璧。
逆に言うとコンボ前提になりがちなカード。



熱狂する信者
5/3/6
挑発。このミニオンがダメージを受ける度、自分のクトゥーンに+1/+1を付与する(居場所は問わない)。

評価★★★☆☆
どうでもいいが、フェン・クリーパーが可哀想だと思わないのだろうか。
挑発要因としては、やや物足りない。
クトゥーンサポートとしては、もう間に合っている感がある。



Cyclopian Horror
4/3/3
挑発 & 雄叫び:相手ミニオンの数だけ、体力+1 を得る。

評価★★☆☆☆
相手ミニオンが3体以上いたらシールドマスタを超える。
兵役招集やインプァクトなどがスタン落ちする現状、あまり期待値は高くない。



クトゥーンの門弟
3/2/1
雄叫び: 2ダメージを与える。自分のクトゥーンに+2/+2を付与する(居場所は問わない)。

評価★★☆☆☆
2ダメ与えつつ場に2/1を残せるのは悪くない。
しかしヒロパで簡単に除去されてしまうのはマイナス。



Silithid Swarmer
3/3/5
自分のヒーローがこのターンに攻撃した場合のみ、このミニオンは攻撃可能になる。

評価★★☆☆☆
スタッツは一回り大きいが、ミニオンの展開が滞りやすい。
ほとんどローグ専用カードになるだろう。



ブラックウォーターの海賊
4/2/5
自分の武器のコストが(2)減少。

評価★★★☆☆
ウォリアーで使うと、烈火の戦斧が0マナになり、ゴアハウルが5ターン目に出せる。
やはり海賊である点を活かしたい。



ミッドナイト・ドレイク
4/1/4
雄叫び: このカード以外の自分の手札1枚ごとに攻撃力+1を獲得する。

評価★★☆☆☆
トワイライトドレイクの攻撃力版だが、ヘルスが4なのは気になる。
手札を溜め込むデッキは場持ちのいいミニオンが欲しいはずなので、ちょっと噛み合わせが悪そう。



コールドライトの妖幻者
6/2/3
雄叫び:マーロックではない全てのミニオンに2ダメージを与える。

評価★★☆☆☆
6マナにも関わらず、マーロックらしいスタッツを堅持する男気のあるミニオン
聖別を内蔵していると考えれば悪くないかもしれない。
ただ、デッキが本当にマーロックで縛られてしまいそう。構築の自由度を少し奪ってしまうのはマイナス点。



破滅の招き手
8/7/9
雄叫び: 自分のクトゥーンに+2/+2を付与する(居場所は問わない)。クトゥーンが死亡している場合クトゥーン1枚を自分のデッキに混ぜる。

評価★★★☆☆
まだいるのかと言いたくなるクトゥーンサポート。
クトゥーン再利用は便利だが、さすがに過剰ではないか。
クトゥーンを骨までしゃぶり尽くす勢いのデッキを組むならもちろん投入するべき。



熱く教えを乞うもの
1/1/1
断末魔:ランダムな味方のミニオン1体に +1/+1 を付与する。

評価★☆☆☆☆
構築での出番はなさそう。



マーロックの鯛ド変態
2/2/1
雄叫び: 挑発を持つ1/1のウーズを1体召喚する。

評価★★★☆☆
日本語ネーミングがすごい。
手軽に挑発を出せるのは地味に優秀。本当に地味だが。



ウォーゲン変異体
2/3/1
隠れ身

評価★★★☆☆
隠れ身を持つので1ターン生き残りやすい。横に並べてパンプするデッキなどに合う。
ただしAoEに巻き込まれてあっさり死ぬので、過信はできない。



黄昏の鎚の地霊術師
2/1/4
挑発 雄叫び: 自分のクトゥーンに挑発を付与する(居場所は問わない)。

評価★★★☆☆
変わり種のクトゥーンサポート。
クトゥーンに挑発を付けたくなることはあまりないかもしれないが、何気にこのスタッツで挑発持ちは貴重。
とりあえずシルバーバックの長に土下座するべき。



石牙の異能死屍
2/4/1
特殊能力無し。

評価★☆☆☆☆
マグマレイジャーの悲劇を繰り返してはならない。



グマグ・レイジャー
3/1/5
特殊能力無し。

評価★☆☆☆☆
なんの冗談で生まれてきたのか。
公式でマグマレイジャーをネタにする姿勢が潔い。



のたうつ触手
3/2/4
挑発

評価★★☆☆☆
どうしても3コスで挑発が必要な場合にお呼びがかかるかもしれない。
熊と違い、2/3/2に一方的に勝てる。



コボルトの地霊呪痛死
4/2/2
呪文ダメージ+2

評価★☆☆☆☆
重い。脆い。イラストが気持ち悪い。



アマニの凶汚染死
4/3/5
激怒:攻撃力+2

評価★★☆☆☆
ネーミングは嫌いじゃない。
激怒発動で実質4/5/5。イエティで十分という気がしないでもない。
しかし闇落ち前よりも上がり幅が小さくなっているのはどうしたことなのか。+3あってもバチは当たらなかった。



ネルビアンの預言者
6/4/4
自分のターンの開始時 このカードのコストを(1)減らす。

評価★☆☆☆☆
初手に握っていた場合、3ターン目に3/4/4となる。
しかし普通ならこのカードよりも2マナミニオンなどを優先して持ちたいはずなので、マリガンを悩ましくさせるカード。
何よりトップデッキ対決になった時にこのカードを引くと絶望である。



マジキチ・オ・トロン
5/3/4
挑発
聖なる盾

評価★★★★☆
まさかのネーミングで登場。
ただ、名前に反してマジキチ度はまだ控えめ。似たような立ち位置だと思われるヘドロゲッパーに比べ、ヘルスが1低いのはけっこう大きなマイナスである。
しかし聖なる盾持ちの厄介さは変わらないので、適当に入れてもある程度活躍しそうなカードだ。



死出路のドラゴンホーク
7/5/5
疾風

評価★☆☆☆☆
がんばってこのカードを出したとして、果たして次のターンまで生きているのだろうか。



変・クリーパー
7/6/8
挑発

評価★★★☆☆
フェン・クリーパーの逆襲。5/3/6からだいぶ進化した。
合計スタッツはなかなかで、戦の古代樹に迫る。大型の挑発が欲しいなら入れてもいい。
また、地味にBGHを回避できる。



異界の怪異
8/6/10
特殊能力無し

評価★☆☆☆☆
沈黙もBGHも怖くない。それだけ。



無貌の巨怪
10/10/10
特殊能力無し

評価★☆☆☆☆
多分ゴールデンにしたらすごく気持ち悪い。




以上。ずいぶん長くなったが、これでとりあえず全部である。

ウォーロックはなんか追加されたっけ? という気持ちにならないでもないが、新環境は純粋に楽しみだ。