読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷口にユーゲル

主にアニメとか漫画とか仕事のこと

【ハースストーン】『旧神のささやき』新カード感想3

新パックリリースが4/27と発表され、追加カードの公開も増えたので続きを。

前回
【ハースストーン】『旧神のささやき』新カード感想2 - 傷口にユーゲル

情報元
Whispers of the Old Gods(旧神のささやき) 情報まとめ - WOTOG






蔓延する狂気
3マナ
合計9ダメージをランダムに、全てのキャラクターに振り分ける。(ウォーロック専用)

評価★★☆☆☆
除去としてはちょっと不確か。しかしこの軽さで9点飛ぶのは夢がある。
「グルバシの狂戦士」などでロマンを求めてもいいが、さすがに厳しいか。



希望の終焉 ヨグ=サロン
10/7/5
雄叫び: この対戦中に自分が呪文を使用した回数分、ランダムな呪文を使用する(対象はランダムに
選ばれる)。

評価★★★☆☆
e-sportsを体現するような1枚。あらゆる不利を覆し、一瞬で逆転勝ちするポテンシャルがある。その逆も然り。
とにかくTwitchなどの配信向きのカードでもあるため、一定の使用者は常に存在することになるだろう。



Cho'Gall
7/7/7
雄叫び: このターン自分が次に使用する呪文は、マナの代わりに体力を消費する。(ウォーロック専用)

評価★★★★★
テンポお化け。優良スタッツのミニオンを出しつつ、スペルでアドバンテージを得られる。
また、影の炎と組み合わせることで、場に何もないところから全体7点を飛ばすことができる。



Possessed Villager
1/1/1
断末魔: 1/1 のShadow Beast を1体召喚する。(ウォーロック専用)

評価★☆☆☆☆
すごく控えめになった蜘蛛。1マナで出せるが、場持ちの良さは比べるべくもなく、さすがに貧弱。



Wisps of the Old Gods
7マナ
選択: 1/1 の Wisp を7体召喚する。または、味方の全ミニオンに+2/+2 を付与する。(ドルイド専用)

評価★☆☆☆☆
大味で小回りが効かない割に、あまり効果的に働く場面が思いつかない。生きている根などでひたすら横に並べてパンプするとかだろうか。



Soggother the Slitherer
9/5/9
挑発。
呪文とヒーローパワーの標的にならない。
     
評価★★★★★
シンプルイズベストな壁ミニオン
呪文の対象にならないため、梟で沈黙させるか、ウルダマンの番人などで弱体化させる、もしくは黒騎士で踏み潰すといった手を使わないと苦しい。
プリーストが特に嫌がりそうなカードである。



Twilight Summoner
4/1/1
断末魔: 5/5 のFaceless Destroyerを1体召喚する。

評価★★☆☆☆
合計スタッツは6/6で強そうだが、実際に使った場合、5/5のミニオンが動けるようになるのが2ターン後というのは気になる(出した次のターンに敵ミニオンを攻撃して自殺)。
強そうな組み合わせはできそうなので、様子見だろうか。



影の抱擁
2マナ
このターン自分の回復効果は代わりにダメージを与える。(プリースト専用)

評価★★☆☆☆
オウケナイのソウルプリーストと比べ、奇襲性に勝るが、単体でなんの仕事もしないのはマイナス点。
しかし、狂闘品のヒールロボ、瞬間回復などと併用したアグロプリーストが結構強くなるかもしれない。
     


アザミ
6マナ
カードを1枚引く。さらにそのコピー2枚を自分の手札に追加する。(ローグ専用)

評価★★☆☆☆
曲がりなりにも3ドロー。しかしアサシンブレードが3枚になる未来が見える。
成功した時のリターンは大きいが、リスクはそれに輪をかけて大きい。回数をこなす必要があるラダーでは、あまり使用したくない不安定さである。



Servant of Yogg-Saron
5/5/4
雄叫び: ランダムなマナコストが5以下の呪文を1つ唱える(対象はランダム)。(メイジ専用)

評価★★★☆☆
ちっちゃなヨグ=サロンという趣のカード。あちらほど重くない代わりに、ランダム性がさらに足を引っ張る。
イセリアルの召術師と比べると、こちらは即効性があり呪文のコストを踏み倒せるが、圧倒的に運が絡む。不利な状況を覆し得るが、有利な状況では出しづらい難儀なカード。



Faceless Summoner
6/5/5
雄叫び: ランダムなコスト3のミニオンを1体召喚する。(メイジ専用)

評価★★★★★
雄叫びなので確実に2体のミニオンが確保でき、3マナのカードは戦力として結構期待できる。
傷を負った剣匠、キング・ムクラあたりが出ると嬉しい。



竜王デスウィング
10/12/12
断末魔: 自分の手札のドラゴンを全て戦場に出す。

評価★★★★☆
意地でも大型ミニオンを使わせたいという、Blizzardの固い意志を感じるカード。さすがに12/12はシンプルに強い。
ドラゴンプリーストのアンカー役として使えそうだが、天敵が「埋葬」や「精神支配」という点から、同じプリースト相手には苦戦を強いられそうだ。



シャドーキャスター
5/4/4
雄叫び: 味方のミニオン1体を選択する。そのミニオンの 1/1 のコピーを自分の手札に追加する。そのカードのコストは(1)。(ローグ専用)

評価★★★★☆
イラストがかわいい。
追加されたカードはコンボにも使いやすく、レジェンダリー等も使い回せるのは○。
スタッツは今ひとつ物足りないが、これまでにない戦い方を提供してくれそうな優良カード。



Demented Frostcaller
4/2/4
自分が呪文を使用した後、ランダムな敵キャラクター1体を凍結させる。(メイジ専用)

評価★☆☆☆☆
いったい何をしたいのかよくわからない。
能力起動に呪文が必要で、常に相手の顔面にヒットするだけになるリスクを負っている割に、4マナで最低ランクのスタッツ。さすがにデッキに入れる余地はない。



Forlorn Stalker
3/4/2
雄叫び: 自分の手札にある”断末魔”を持つ全ミニオンに+1/+1 を付与する。(ハンター専用)

評価★★★★☆
かなり強い印象。シュレッダーとゲッパーが現役なら許されなかった。
それでも、サバンナ・ハイメインなどがパンプアップされるのは強力である。ヘルスは2しかないので、できれば格下に討ち取られづらい場面で出したい。



Twilight Flamecaller
3/2/2
雄叫び:敵ミニオンそれぞれに1ダメージを与える。(メイジ専用)

評価★★☆☆☆
魔力の爆発内蔵ミニオン。ただし、呪文ダメージアップの恩恵は受けられない。
アグロを止めるにはやや力不足。それ以外の相手にはさらに力不足。



Shifting Shade
4/4/3
断末魔: 相手のデッキのカードを1枚コピーし、自分の手札に追加する。(プリースト専用)

評価★★★☆☆
盤面に影響を残すことはできないが、ハンドに相手のカードを追加できる。
デッキを掘り進むことはできず、運要素が強いので、ちょっと使いづらいかもしれない。



Dark Arakkoa
6/5/7
挑発、雄叫び:自分のクトゥーンに+3/+3 を付与する(居場所は問わない)。(ドルイド専用)

評価★★★★★
スクラムの狂信者とは何だったのか。
単純に一回り大きい爪のドルイドとして使える。クトゥーンが出るまでのつなぎ役として、十分すぎる性能。
というより、クトゥーンが出なくても十分これで押し切れそうなポテンシャルがある。



Princess Huhuran
5/6/5
雄叫び: 味方ミニオン1体の断末魔を即座に発動させる。(ハンター専用)

評価★★★★★
バニラ並のスタッツに、強力な効果。シルヴァナスやハイメインを対象にすれば爆アドである。
素出ししても無駄にならない優良カードで、ハンターの顔となり得るレベル。



Shifter Zerus
1/1/1
このカードが自分の手札にある場合、各ターン開始時にランダムなミニオンへ変身する。

評価★☆☆☆☆
運が良ければ状況を打開できるミニオンになれるかもしれないが、序盤は低コストのカードでなければ出せないし、終盤まで握っている場合、手札が1枚宙に浮いた状態でプレイすることになってしまう。
使いこなす方法が思いつかない。さすがに趣味でも難しいカード。




以上。
現状、シャーマンやプリースト、ハンターあたりに特にテコ入れがされていっている感じ。あとドルイドが単純に強い。


続きはこちら。

【ハースストーン】『旧神のささやき』新カード感想4 - 傷口にユーゲル

悪い奴ら、最期の言葉 ??断末魔の叫び100選

悪い奴ら、最期の言葉 ??断末魔の叫び100選