読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷口にユーゲル

主にアニメとか漫画とか仕事のこと

「魔法少女育成計画」1話感想

原作小説のネタバレあり。


gyao.yahoo.co.jp


このラノ文庫最初で最後の実弾、「魔法少女育成計画」のアニメが放送開始した。

現時点でかなりいい出来だと思うので、感想をまとめておく。





・アバン

しょっぱなから血生臭いことになることをまったく隠さない導入。
茶色の髪で花びらが散っているという描写で、これが誰なのかはけっこう露骨に示唆されている。

周囲で倒れている少女たちは魔法少女だが、変身が解けていないように見えるのは演出だろうか。設定上、一応死んだ魔法少女は人間に戻るはずなので、ちょっと気になった。


・OP

ルーラ組のポーズがかわいい。
ねむりんもかわいい。


f:id:eno1432:20161012013208p:plain
OPのこの部分に癒される


あとマジカロイドが思いっきりバーニアで飛んでいるのがなんだか笑える。設定通りのはずなのだが、やはりこいつの存在はシュール。


小雪のやっているゲーム「魔法少女育成計画

悪魔のデザインが冒頭のアレと同じ。かつ兎の足もここで出してくるあたり、ファヴのちょっとした遊び心なのだろうか。

しかしゲーム画面が見るからに作業ゲーという感じで素敵である。


・よしこちゃんとスミレちゃん

モブキャラなのにやけに可愛い。
「揺れてから言うなってーの!」という台詞は脚本家の遊び心らしい。確かにこれから先の展開を暗示している。

実際死んでからルールを言われても困るし、ファヴにツッコみたくもなるだろう。


・ファヴ太郎

間宮くるみの声がムカつくほどマッチしている。
しかし映像化してみると、かなりモノクマリスペクトなデザインだ。


アイキャッチ

魔法少女の魔法と正体をばらしていくスタイル。
話の都合上、脱落組は早めに紹介しなければならないが、1話2人紹介するとして、8話で全員紹介が終わってしまう。それ以降はどうするのだろうか。

また、小雪や華乃は問題ないが、クラムベリーなど、人間形態が不明なヤツはどう表現するのだろう。スイムスイムやアリスに関しては、普通に正体をばらしてきそうな気もする。


・亜子ちゃんの鍵を探してあげるスノーホワイト

原作ではかなり探し回ったはずだが、尺の都合かあっさり見つけてしまった。
亜子のモノローグはかなり重要なパートなので、できれば何かの形で表現してほしい。

また、EDのクレジットでは、もろに亜子という名前とCV:日高里菜という情報を出しているので、制作側は特に亜子=アリスの図式を隠す気はないらしい。

出演声優をちょっと調べた人なら、ピンとくるのではないだろうか。


・チャットルーム

味気なくなりそうなシーンを、SDキャラに喋らせることでうまく見せている。
ねむりんが船を漕いでいたり、細かい部分が見ていて楽しい。


・森の音楽家さん

中の人がここまで女性声を出したのはあまり聞いたことがない。演技の幅に感心する。
ちゃんとBGM係をやっているのも素晴らしい。


・「もう一人は忍者だし」

けっこう魔法少女については厳しいスノーホワイト
この先のリップルに対しての感情の変化を考えると感慨深い。


・そうちゃん

けっこう化粧がケバい。
そうちゃんの中で、女性=化粧という短絡的な発想があったのかもしれない。

自由に大きさを変えられる剣は、自由に出し入れできることもわかった。これはかなり有用ではないだろうか。


・ED

みんな安らかに眠っているような映像。
不穏ながらどこか荘厳。かなり好き。


・Cパート

ここでファヴから間引き宣言。
波乱の予感を残しつつ次回へ続く。



●まとめ

作画・キャラデザについてはかなり良好。原作の動かしづらそうなデザインを、うまく落とし込んでいる。
全体的に丁寧に作ってくれている印象なので、このまま最後まで突き進んでいってほしい。
不安があるとするなら、この先不自然な光や黒ベタが入らざるを得なさそうなシーンが増えてくるところだろうか。

うまいことごまかして描いてほしいが、あんまり婉曲すぎると今度は興ざめとなってしまう。製作者にとっては難しいところだろう。


次回
eno000.hatenablog.com


魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)