読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷口にユーゲル

主にアニメとか漫画とか仕事のことをつらつらと

給料以上に働いてはいけないという戒め

仕事

どうにも働きすぎている。

現在、1日の残業時間は平均して3時間程度。
サビ残である。

まあとりあえずそれは置いておくとして、最近は休日出勤が増えてきた。
サビ出勤である。

冷静に考えるとこれはおかしい。

月曜から数えて13日間連続出勤しているのは明らかにオーバーワークのはずである。
しかし特に止めてくれる人はいない。
というか、私より残業して休日も出てきているような人は一定数いる。
そういう中では、私のオーバーワークはオーバーワークではなく、ごく常識的な範囲の業務活動なのだろう。

しかしさすがに、役職についている偉い人と、手取り20行くかどうかのペーペーが同じペースの仕事をできるかというと、難しいと思う。





代休というシステムはあるらしい。

しかしそのシステムの活用法を教わった覚えはないし、私の知る限り、活用している人が見当たらない。
そもそも、平日の仕事をやっつけるのにも辟易しているのに、更に仕事が溜まることがわかっていて、本当に安心して休めるだろうか。


もう少し正直に言おう。

代休を取ると、陰で文句を言われる。

取ったことはないし、かなりな部分想像だが、これはあるだろう。
そうでなくても、給与の査定だとか、質問をした時の返事や目線の動きだとか、そういった部分に影響が出てくると思う。
有給を取って連休を作っても冗談交じりにいじられるのだから、さもありなん。

なぜそんなことになるか。
みんなが文句を言わずに働いているからだ。

残業をしているのはあなただけではないのに、休日も無休で働いているのに。
あなただけが休みを取るのかと。

そういった無言の圧力は、誰もが感じるものではないだろうか。
みんなががんばっているところに自分の権利を主張するのは、けっこうな勇気を必要とする。
みんなという概念は強い。実際にはごく狭い会社というコミュニティの、いち事業所の中でのコモンセンスだが、なんだかとても巨大なものを相手にしてしまった気になる。
それは自分で生み出した思い込みだが、なかなか気づきづらい。
長時間残業をしているのは一部の人間のはずだが、それが『みんな』の圧力を弱めることにはならない。
究極、自分以外にひとりでも残業をしている人間がいたら、それは『みんな』のがんばりが継続していることになり、なかなか帰りづらい空気を醸造していくのではないだろうか。普段からそばのデスクで仕事をしている人ならなおさらである。

会社側はそういった空気に干渉しない。
残業も休出も社員の自発的なものであり、強制されたものではないと主張することができる。
そういう上手なスタンスを保っている。

代休はちゃんと取れるように規則を作っている。
取るかどうかは社員の意志に任せている。
あなたは取らなかったのですね、仕事熱心ですね。

密室で醸造された仕事熱心の空気は、腐臭を放ちながらも社員の鼻を腐らせ、肺腑を満たす。
鼻孔にこびりついた腐臭の残滓を忘れるために、日に4回喫煙所に行き、ヤニを摂取して上書きする。


承認欲求はドラッグである。
いかに人に喜ばれようと、上司から褒められようと、時間外に給料は出ていない。
それを忘れないために書きつけておく。





死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々 2 (少年チャンピオンコミックス・タップ!)